妊娠中のシミ・ソバカス・肝斑対策

妊娠中のシミ・ソバカス・肝斑対策

妊娠中,シミ,肝斑,ホルモン,そばかす

妊娠すると紫外線の影響を強く受けるので、シミ、そばかすができやすくなります。

 

それは肝斑もおなじです。

 

肝斑は女性ホルモンのバランスが変化するとできやすいと言われていて、妊娠時や更年期はそのホルモンバランスの変化が起きる時期です。

 

妊婦の7割に、程度の差はあるものの肝斑が現れるとされています。

 

妊娠中にできた肝斑は、女性ホルモンのバランスが整ってくる産後になれば自然に落ち着くと考えられています。

 

でも、全ての人がキレイに戻るわけではなく、一部にはそのまま居座ってしまう場合もあるようです。

 

妊娠すると、女性ホルモンの変化が起き、その影響でメラノサイトが活発になるとシミ、そばかす、肝斑ができやすくなります。

 

なので、シミ対策として妊娠中にできるものは、

 

○紫外線対策を徹底し、メラノサイトの活動をできるだけ抑える

 

○メラニン生成を抑える美白成分配合の化粧品でケアして予防する

 

の2点です。

 

妊娠中,シミ,肝斑,ホルモン,そばかす

外出する際には、日傘や日よけの帽子をかぶり、物理的に日光を遮断するようにします。

 

そして、日焼け止めクリームやUVカット機能を持つファンデーションなどの化粧品を使い、紫外線をできるだけ浴びないようにしましょう。

 

美白化粧品も、これまで使えていた化粧品も、妊娠すると肌が敏感になるため、使えなくなることも多いようです。

 

妊娠中は、敏感肌用の低刺激の美白化粧品に切り替えて、ケアを継続していきましょう。


産後の授乳中のシミ対策化粧品は何を選べばいいのか?

妊娠してからと産後しばらくまで、シミが増えやすくなって気にする人は多いようです。

 

その原因は、どちらもホルモンが影響しているようです。

 

妊娠すると分泌が増えるホルモンがあります。

 

その影響でシミに関連するメラノサイト細胞が活性化されて、メラニン色素が増えるのが理由。

 

それに、妊娠することでお肌が敏感になるため、紫外線の影響も受けやすくなります。

 

なので、ホルモンバランスと紫外線の両方の影響があって、シミができやすくなるのです。

 

産後にできるシミも、このホルモンバランスの影響があるみたいです。

 

妊娠中,シミ,肝斑,ホルモン,そばかす

女性なら、誰しも自分の顔にシミをみつけたら、何とかしたいと思うもの。

 

私の場合は、産後になって目の周りに急にシミができ始めたんです。

 

底から化粧品を探し始め、シミ対策に一番強力な「ハイドロキノン」配合の化粧品を見つけました。

 

色々調べた結果、ハイドロキノンは、お肌の漂白剤と言われるくらい効果があるんだそうです。

 

でも、強力すぎるので、妊娠中や授乳中は控えるように指導するお医者様もたくさんいるそうです。

 

私もどうしても使いたいと、お医者さんにお願いしてみました。

 

結果は「やめたほうがいい」という回答…。

 

妊娠中,シミ,肝斑,ホルモン,そばかす

でもね、産後で、授乳中でないならば、ハイドロキノンは使えますし、お勧めです。

 

妊娠中や授乳中の間は、もう少しお肌に優しい美白化粧品の方が、安心して使えるんでしょうね。

 

わたしは授乳をしていましたし、そのような経緯があって、ハイドロキノン入りの美白化粧品を諦めました。

 

その代りに、ハイドロキノンが入っていない化粧品を幾つか試し、見つけたのが「デルメッド」です。

 

シミ対策の化粧品はたくさん市販されていますが、美白に特化していたのが三省製薬の「デルメッド」。

 

三省製薬は、美白で50年歴史がありますし、製薬会社であるということも妊娠・授乳中の方には安心だと思いました。

 

まずは試してみた方がいいと思うので、2週間のお試しセットがあるところもポイントだと思います。

 

気軽に始められますしね。